スタイル

”ショートヘアで失敗したくない方へ”2020年最新ショートヘアの紹介

 


 


 


 


”ショートヘア”


女性は一度は経験したことがあると思います。


小さい頃に、、、


成人式の後に、、、


結婚式の後に、、、


その中でも、失敗してしばらくはSTAY HOMEしたいくらいの気分になった方は


少なくないのではないでしょうか??


なぜ失敗してしまうのか??


その解説と対策


失敗しない2020年流行するであろう髪型


その2点を紹介していきたいと思います!!


 


 

なぜ失敗してしまうのか??

失敗する要因として多数上げられる中で当てはまるのが多い


3つを今回あげさせてもらいます。


⑴髪型のイメージ不足


⑵髪色


⑶テイストとの不一致


 


 


 

⑴髪型のイメージ不足

まず⑴のイメージ不足 これが一番多いです。


【ノリでお任せで切る】


これ一番やっちゃいけない


美容師さんの感覚と お客様の感覚が違うとかなりズレが起きます


人によって1cmの感覚が違うように


ショートへアの感覚も違うわけです。


お好み焼きを注文したとして


大きさや 種類 具のトッピングなどなど


その道のお好み焼きのプロでも、お任せしたとしても何が好みかはわからないので


ある程度の情報を元にお任せする方が確実です!


具体的なショートヘアのやりたい髪型のイメージを持って行く事が


信頼して、お任せする美容師さんでも


『思っていたよりも短かった。。。』


なんていうことにならない、必ずやった方がいい対策です!


用意するイメージとしては


前髪や、長さ、色、形の好みなど3〜6枚くらい写真を持っていくと


確実です!


 


 


 


 


 

⑵髪色

次に髪色です。


幼い時にショートにしてトラウマがある


これ僕が担当するお客様の5割くらいの方が言ってます。


なぜだと思いますか?


答えは先に書いてあるんですが、髪色です。


日本人は特に世界の人から見ると


ロリ


つまり幼い顔立ちをしています。


ショートヘアは大人に見える髪型なので


顔は幼く


髪型だけが大人になると


老ける


のです。


その老け感を出さないためにも髪色を少し明るくすることで


シャープな印象から、柔らかい印象にするのがオススメと言えます。


20代〜30代くらいの方のショートヘアはより明るさを出して柔らかい印象を出すのがGOOD


幼い頃のトラウマはそういうカラーができない時にシャープにしてしまうことで少年のようなボーイッシュさがトラウマとなっていることが多いですね。


 


 

⑶テイストとの不一致

最後にテイスト!


こちらの画像は 山本美月さんが最近ショートヘアにされた


ビフォーアフターです。


もともと大人っぽい方ですが


女性らしく女の子っぽい印象から


一気に大人でオシャレな女性の印象になっていますよね


髪型にはテイストというものがあります。


カラーでもお話していましたが


日本人は基本的に


丸顔よりな方が多いです


なので幼く見られやすいのでそこに当てはめてあげるのがオススメ


服装と雰囲気、メイクに合うショートへアにしてあげるのが


失敗しないポイントになります。


比較的バランスを取った方がいいので


丸顔であれば→シャープな髪型で明るい髪色


面長であれば→丸みがある髪型で明るすぎない艶っぽい髪色


卵形であれば→ほぼオールジャンル


ベース→シャープと丸みの中間


などなど、その人が見せたい雰囲気に比例してバランスを取ることをオススメします!


 

まとめ

⑴イメージを固める


(長さ、雰囲気、前髪の画像を集める)


⑵髪色を決める


(比較的明るいのがオススメ)


⑶テイストを決める


(大人、可愛い、かっこいいなど自分が見せたいテイストを決める)


いかがでしょうか?


失敗した経験が蘇ってきますが、次にショートにする場合は


これを参考に、チャレンジしてみてください


 


2020年に流行るショートヘア特集はPart2で紹介します!

新規

竹村クリエイティブディレクターカット

(通常¥) ¥7,700

24H空席確認・WEB予約する

施術目安
40分
提示条件
予約時
利用条件
他クーポンとの併用不可
有効期限
期限無し

記事を書いたスタッフ

クリエイティブディレクター
竹村 友喜
たけむら ともき

24H空席確認・WEB予約する

column
最新コラム

  • ヘアカラー
  • スタイル
  • ヘアケア
  • アレンジ
  • アイリスト
  • ネイル
  • ビューティー
  • スキンケア
  • アイテム
  • その他