ヘアケア | 竹内 雛 | クローバー 新田辺店

サロンシャンプーと市販シャンプーの違いを徹底解説!

# おうち時間 # ケアネス # シャンプー # トリートメント # ヘアケア # モテ髪

こんにちは!


ハピネスクローバー新田辺店


アシスタントの竹内 雛です!


サロンに行くと、よくサロン専売品のシャンプーを勧められることがありますよね?


しかし、市販との違いがわからないから購入に至らない、、、ということが多いと思います。


なので、ここでサロンシャンプーと市販シャンプーの違いを徹底解説していきたいと思います!


市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは大きく分けて2つあります。


・何を目的に作られているか


・使った時に得られるメリット、デメリット


こちらの2つです。


まず、目的の違いについてお伝えしていきます。

市販シャンプーとサロンシャンプーの目的

市販シャンプーの目的


・泡立ちが良いこと


1回のシャンプーでも綺麗になったように見えること


・香りが良いこと


・ボトルデザインが良いこと


・消費者にいいイメージを持たせること


・できる限り価格を抑えること


【より多くの人に使ってもらえるシャンプーを作ること】が目的です。


サロンシャンプーの目的


・髪や頭皮への負担が少ないこと


・ヘアデザインを美しく見せること


・ヘアカラーやパーマの邪魔をしないこと


・ダメージ部分を補習できるシャンプーであること


・何かに特化したシャンプーであること


・とにかく品質重視なこと


【高品質で髪や頭皮に優しいシャンプーを作ること】が目的です。


いかがですか?


比べてみると随分違うものに思えてきませんか?


では次に今お伝えした目的の違いを踏まえて、市販シャンプーとサロンシャンプーの特徴についてもう少し詳しく見ていきましょう。

市販シャンプーとサロンシャンプーの特徴

市販シャンプーの特徴


市販シャンプーとは、ドラッグストアやスーパー、バラエティーショップなどで販売されている大衆向けのシャンプーのことです。


市販シャンプーの特徴は、ズバリ【誰もが安心して使える万人受けするシャンプー】であること。


・万人受けする香り


・簡単に泡立つこと


・シャンプー中も手触りがよいこと


・購入しやすい価格であること


などが重視されています。


ですが万人受けする反面、【これといった特徴がない、強味がない】というのも市販シャンプーの特徴です。


そこで、各メーカーが特に力を入れるのが広告宣伝活動。


・自社のシャンプーにいいイメージを持ってもらうためのテレビCM


・商品棚に並んだ時に目立つボトルデザイン


・どれだけコストを落として安く提供できるか?


など、【シャンプーの品質よりも多くの人に買っていただくためにはどうすればいいか?】というポイントを重視して作られているのが市販シャンプーなんです。


サロンシャンプーの特徴


市販シャンプーとは違い【とにかく高品質のシャンプーを追求して作られている】のがサロンシャンプー。 (サロン専売品と言われることもあります)


また、品質が高いだけでなく、


・ヘアカラーの色落ちを抑える


・くせ毛を扱いやすくする


・ハイダメージ毛のケア用


・頭皮に潤いを与えて保護する


など特定の髪質や悩みのケアに特化している商品が多いのもサロンシャンプーの特徴です。


そのため、 一般の市場には卸されず、美容院などでカウンセリングを受けて購入することが推奨されています。


市販シャンプーの価格帯では配合できない高価なケア成分を使っているのも特徴のひとつ。


価格も2,000~5,000円と市販品に比べて高額です。


シャンプーは品質で選ぶことも重要ですが、ライフスタイルに合わせて選ぶことも重要です。


今からご紹介する双方のシャンプーのメリット、デメリットを知ったうえで、自分に合いそうな方を選択しましょう。

市販シャンプーとサロンシャンプーのメリットとデメリット

市販シャンプーのメリット


市販シャンプーのメリットは、


いつでもどこでも買えてコスパがいい!これに限ると思います。


香りと泡立ちもかなりいい感じのものが多いです。


また、コンディショニング成分(シリコンなど)が多く配合されているので、シャンプー中でも手触りがよく、洗い心地が良いのも市販シャンプーのメリットと言えます。


市販シャンプーのデメリット


市販シャンプーのデメリットですが、大きく2つあります。


・髪の補修はできない


・頭皮や髪に負担がかかる


この2つは必ず知っておいてほしいです。


1つ目のデメリットとして、市販シャンプーに髪のダメージ補修力というものはほとんどありません。


あっても微々たるものです。


なぜなら、市販シャンプーで髪が綺麗に見えるのは補修されているからではなく、コンディショニング成分の効果によるものだから!


スキンケアに例えるなら、


市販シャンプーはファンデーションでニキビを隠しているようなイメージ。


綺麗になっているのではなく、綺麗に見せているという所がポイントです。


つまり、根本的なケアではないということです。


2つ目のデメリットとして


市販シャンプーにはサロンシャンプーと比べて、頭皮や髪に負担がかかりやすい成分も多く含まれています。(代表的なのは石油系の界面活性剤やシリコンなど)


「え?なぜ負担のない成分を使わないの?」


という人もいるでしょうが、価格帯的に高品質な成分は配合が難しいのです。


負担がかかりやすい成分というのがイメージしにくい人は、ファーストフードに含まれている添加物のようなものだと思ってください。


すぐに髪や頭皮にダメージが出るわけではないので心配しすぎる必要はありません。


ですが、相性が悪いと頭皮が乾燥したり、髪がベタベタになったりもするので注意してください。


サロンシャンプーのメリット


サロンシャンプーのメリットは3つ。


・効果の高いケア成分が配合されていること


・髪や頭皮に負担が少ない


・美容師が髪質や希望にあわせて選んでくれる


どれも市販シャンプーにはない強みです。


サロンシャンプーは価格が高い=原価も高くできるので、高品質のケア成分をたくさん配合することができます。


また、高品質な成分には頭皮や髪への刺激が少ないものが多く、乾燥肌や敏感肌の頭皮ケアにも適しています。


髪や頭皮について悩んでいることがあるなら、ぜひサロンシャンプーを選んでください。


そして、あなたの悩みを解決するシャンプーをプロが選んでくれるというが、サロンシャンプー最大のメリットです。


サロンシャンプーのデメリット


サロンシャンプーにも2つのデメリットがあります。


・コストが高い


・シャンプーの特性を見極める目がないと、失敗することがある【通販する場合】


まず1つ目のデメリットは、コスト面です。


単に価格が高いからデメリットということではなく、高コストのシャンプーを継続して使えるかどうかという部分がネックなんです。


なぜなら、サロンシャンプーも魔法のアイテムではないので、1回で悩みが解決できるなんてことはありません。


本質的に髪や頭皮が綺麗になるのには時間がかかります。


最低でも3~6カ月くらいは使い続けるつもりでサロンシャンプーを購入されることをオススメします。

そのシャンプー要注意!

今、ドラッグストアなどでも1,500円くらいするシャンプーが売っていますよね。


実は、このちょっと高級なシャンプー達が一番要注意なんです。


なぜなら、オーガニック成分が少し足されているだけで、内容は600円前後のシャンプーと大して変わらないというシャンプーも多いからです。


オーガニック成分配合というと、いいイメージがありますし、高くても売れるんです。


でも、オーガニック成分が少し入ったくらいでシャンプーの品質が大きく上がることはありません。


市販シャンプーに1,500円出すなら、あと500円くらい頑張っていただいてサロンシャンプーを買っていただいた方が髪は綺麗になると思います。

まとめ

いかがでしたか?


市販シャンプーとサロンシャンプーの違いはスッキリ理解できましたか?


決してどちらのシャンプーが良い悪いではありません。


あなたの髪の状態やライフスタイルに合わせてピッタリの方をお選びくださいね。


髪の毛もシャンプーも千差万別。


自分で判断できない時は、美容師さんに相談するのが一番の解決の近道ですよ。

記事を書いたスタッフ

アシスタント
竹内 雛
たけうち ひな

24H空席確認・WEB予約する

column
最新コラム

  • ヘアカラー
  • スタイル
  • ヘアケア
  • アレンジ
  • マツエク・ネイル
  • ビューティー
  • スキンケア
  • アイテム
  • その他