ネイル | 中瀬 夏美 | グロス 河原町店

弱い爪にお悩みの方必見!パラジェルとは?

# パラジェル # パラジェル取り扱いサロン # 京都ネイルサロン

こんにちは!


グロス河原町店ネイリストの中瀬です!


今回は、よく質問を頂く


普通のジェルとパラジェルの違い


についてご説明したいと思います♪

パラジェルって何?

ネイルを楽しみたいけど、従来のジェルネイルは自爪を削ることで密着させるため、爪へのダメージがかなりかかります。


こんな声を元に、 2010年世界で初めて爪を削らずに使える【パラジェル】が日本人の手により開発されました☆


では、どのようにして密着させているのでしょうか?


パラジェルはジェルが硬化すると吸盤のように爪との間に真空状態を作って貼り付き密着しています。


だから、オフ(ジェルを取る)時も、パラジェルと爪の間に少し隙間ができるだけで溶剤がすぐに入り込み、簡単に浮いてくるのでオフしやすい特徴があります。 今までのジェルのように爪を傷つけた溝に入りこんだジェルを取る必要がないので、オフの時も自爪を削るリスクがありません。

持ちはどれぐらいなのか?

パラジェルの付け替えの目安は、健康な爪で約3〜4週間です。4週間を超えてくると一般的なジェルと同様、ジェルの定着力以外の理由で折れ、欠け、痛み等が出て、最終的には爪に不衛生な状況を作りかねません。


ですので、パラジェルとはいえ定期的なオフは爪の健康をキープする上でとても大切になります。

どのくらいで健康な爪になるの?

健康的な爪が生えるまでは手で約3〜4ヶ月。


パラジェルを3回使う(3ヶ月経つ)ことで健康な爪に生まれ変わります。


また、その間のお客様の爪の状態・生活の癖、または取れた時の状況を知ることは、ネイリストがお客様に合った持ちが良い施術を見つける大ヒントになります。


お客様に合う施術方法を見つけるには、同じパラジェルサロンに通って頂くこと

が大切となってきます!

パラジェルのメリットとデメリット

パラジェルのメリットとして、


●爪を傷めないから、通うほど健康な爪に


●健康な爪には、抜群のモチを発揮


●高級顔料を使用。高発色でキレイ


●ジェルの硬化が早く、熱を感じにくい


デメリットとして、


●爪が傷んでいる間は、ネイルが欠けたり、オフがしづらくなる


●健康的な爪が伸びて、モチが良くなるまで約3ヶ月かかる


●正しい使用方法を知らないネイリストだと、効果があまりない


●料金が少し高い


などが挙げられます。


パラジェルは他のジェルとは違い、独特の扱い方があるのも大きな特徴です。


その分、きちんとした技術を持たない人が施術すると、施術直後でもすぐに爪から外れてしまいます。


ハピネスのネイルサロンは【パラジェル登録サロン】ですので、ライセンス取得者が在籍している為、安心してパラジェルをお試し頂けます!


削らないパラジェルで、健康的にジェルネイルを楽しみましょう♪

新規

【初回他店オフ込☆】ハンド:パラジェル★シンプルコース¥4950

(通常¥5500) ¥4950

24H空席確認・WEB予約する

施術目安
90分
提示条件
予約時
利用条件
ご新規様
有効期限
なし

記事を書いたスタッフ

ネイリスト
中瀬 夏美
なかせ なつみ

24H空席確認・WEB予約する

column
最新コラム

  • ヘアカラー
  • スタイル
  • ヘアケア
  • アレンジ
  • アイリスト
  • ネイル
  • ビューティー
  • スキンケア
  • アイテム
  • その他