ネイル | 中瀬 夏美 | グロス 河原町店

【自爪を傷つけない!】ジェルネイルのフィルインとは?

# ジェルネイル # ネイル # パラジェル # フィルイン

こんにちは!

グロス河原町店ネイリストの中瀬です♪


最近SNSでも話題で、ネイルカテゴリのランキングワードトップ3入りの


『フィルイン』


そのフィルインとは一体何なのかを、今回説明したいと思います!

フィルインとは?

フィルインは『一層残し』や『ベース残し』とも言われます。


フィルインとは、ジェルオフの際に、トップジェルやアート、カラージェルまでをマシーンで削り落とし、

ベースジェルのみが爪に付いたまま残します。


普通のジェルと違うのはここまでで、その後は皮膚周りのケアをし、また綺麗にベースジェルを塗り(伸びた爪の部分全て)、カラーやアートをしてトップジェルで仕上げることをいいます。

なぜフィルインが爪に優しいのか?

では、なぜフィルインが自爪に負担をかけないのか?


通常のオフは、ベースジェルを溶かすためのアセトンという薬剤を使い、アルミを巻いてオフをします。

アセトンは数分でジェルを溶かしてしまう強い溶剤のため、爪や爪周りの皮膚の水分もすべて吸収してしまい、非常に乾燥してしまいます。

それにより爪は、二枚爪や縦筋などのトラブルも起こりやすくなります。

また、アセトンオフを続けると爪が薄くなり、ジェルの持ちも悪くなってきます。


フィルインはこのアセトンという溶剤を使わず、ベースだけを綺麗に残してオフするため、自爪への負担が少ないと言われています。

メリットとデメリット

では、フィルインのメリットとデメリットは?


【メリット】


・アセトンによるダメージを無くし、爪や皮膚への負担を減らすことができる

・土台をしっかり作るため、爪の凹凸、反り爪などを矯正しながらネイルができる

・強度が出るため、しっかりとした仕上がりになる


【デメリット】


・付け替えの周期を必ず守らないといけない。フィルインは約3~4週間ごとの定期的な付け替え周期を守ることで、綺麗なフィルインを続けられます。

大幅に過ぎてしまうと、ベースジェルが自爪から剥がれ、フィルインに向かない状態になってしまう可能性もあります。


・通常のソフトジェルに比べると厚みと硬さが出るため、

「柔らかく薄づきのジェル」がお好みの方には不向き


・高密着なベースの為ご自身でのオフが難しくなる

まとめ

あくまでもフィルインとは、爪を傷めないようにジェルネイルを楽しんで頂くための方法です。

自分でネイルをオフしたり、ジェルを無理やり剥がしてしまうと、ジェルと共に自爪の表面まで剥がれてしまい薄くもろくなってしまいます。

また、薄くなってしまった爪はジェルの持ちが悪くなり悪循環となってしまいます。



付け替えの周期をしっかり守り、フィルインでダメージレスなネイルをしましょう(*^^*)!

記事を書いたスタッフ

ネイリスト
中瀬 夏美
なかせ なつみ

24H空席確認・WEB予約する

column
最新コラム

  • ヘアカラー
  • スタイル
  • ヘアケア
  • アレンジ
  • アイリスト
  • ネイル
  • ビューティー
  • スキンケア
  • アイテム
  • その他